安い陰茎増大でダメならクリニックですぐにサイズアップ

陰茎増大ができる方法はいくつもある

陰茎増大でよく利用される方法といえば精力剤の服用やチントレなどでしょう。血行を促進させたり、PC筋を強化させたりすれば勃起力が上がり、陰茎増大が期待できるのです。

これらの方法は安いので経済的に負担をかけないで実践できますが、劇的にサイズをアップさせるのは難しいです。1cm程度のサイズアップや勃起力強化などは期待できますが、2cm以上伸ばすとなれば安い方法では限界があります。

2~5cm程度のサイズアップを期待するなら、クリニックで本格的な治療を受けましょう。陰茎増大術なら陰茎全体を強化し、長さ・周囲長を適切に整えられます。亀頭が小さくて陰茎の迫力がないという場合なら、亀頭増大術が役立つでしょう。

長さが不足しているときは長茎術が役立ち、埋没している陰茎を下腹部から引き出せます。陰茎増大が可能な施術は数多くあり、ペニスの形状に合わせて使い分けていきます。切るのが苦手という方には、液剤を注入する方法がおすすめです。

技術を重視して選んだほうが安くなることが多い

クリニックの増大術全般は健康保険が使えないので、決して安い料金では受けられません。少しでも安くしたいのであれば、切開ではなく注射による施術がおすすめです。ただ極端に陰茎が小さい、また注射だけで形状を整えるのが難しいという場合ならば、手術を避けられない場合があります。

陰茎増大術の費用を抑えるためには、満足いく結果を得るまでにいくらかかるのかシミュレーションすることが大切です。安いクリニックで施術を受けて失敗し、修正手術が必要になれば結果的に高額な出費となるでしょう。そのため高額でも腕のよいクリニックに行ったほうが、安い治療になることが多いのです。

単純に勃起力の不足によって十分なサイズにならない場合は、ED治療薬を処方してもらう方法もあります。若いころと比較してサイズダウンした場合は、多くが勃起不全によるものです。最近はジェネリック版の安い治療薬が登場しており、先発薬と変わりない効果を発揮できます。

まとめ

クリニックで受けられる増大施術には陰茎増大術や亀頭増大術、長茎術などがあります。精力剤やチントレで満足いく大きさを得られない男性は活用してみてください。増大施術全般は保険外のため高額になるのが当たり前です。1回の治療費が安くても修正手術を繰り返すようでは、多額の出費につながる可能性があります。一度で理想の形状にしてくれるクリニックを選ぶことが治療費を安くするコツです。勃起不全によって短小を招いているならば、ED治療薬を服用すれば解消します。