陰茎増大があまりにも安い価格の病院には要注意

安い陰茎増大手術をうたう病院にはこんなワナがあります。

陰茎増大手術に取り組むメリットは、ペニスの短小を解消することができること、性行為の際に女性に快感を提供できること、早漏が改善することなどが挙げられます。

メリットが多いため、それなりの料金が発生するのが基本です。しかし、従来に比べて安い値段で治療に取り組んでいる病院が増えています。キャンペーン価格や、他のペニスに関する治療とセットで利用すると割引となる料金プランを提供している医療機関も多々あります。

注意しなければならないのは、相場よりもかなり安い価格で提供している病院です。これらの病院では、陰茎増大の効果を全く得られなかったり、持続期間が極端に短い、見た目が逆に悪くなったというケースや、最悪の場合ですと細胞が壊死してしまったというような、深刻なトラブルに見舞われる可能性が高くなります。

安い価格でも利益を得るためにはコストを削減しなければなりません。そのため、注入する物質が本物でない、治療経験がない医師が治療を担当するという悪質な行為が行われる可能性が高まります。

陰茎増大の治療は安さではなく、実績のある病院で受けましょう。

陰茎増大の治療には相場があります。例えば、持続性のある高品質なヒアルロン酸(SUB-Qなど)を注入する場合ですと、一般的に、1ccの注入で2万円~5万円程度がかかります。10ccの注入で割引があるなどの料金プランを整えている病院もありますが、1ccあたりの料金が相場よりも極端に安いケースでは、偽物の可能性も否定できません。

何の効果もない成分である可能性や、従来から用いられている持続性が乏しいヒアルロン酸が用いられているかもしれないと疑う必要があります。

また、自分の脂肪をペニスに注入する陰茎増大手術の相場は、30万円~50万円です。シリコンの挿入についてもバーやリングなどの形状ですと、20万~60万、ボールタイプならば3万円~6万円が相場とされます。

相場よりも陰茎増大手術が極端に安い料金で受けられる場合、その病院の口コミ情報も丁寧に確認しておくべきです。さらに、治療費が安い病院では、追加料金が発生する可能性も考えられます。このように、安すぎる病院には「何か理由があるはずだ」と疑っておくことが大切です。

まとめ

陰茎増大手術には相場があり、比較的安いヒアルロン酸注入でもそれなりの料金が発生します。特に、SUB-Qなどの持続性に優れたヒアルロン酸は料金も高めです。SUB-Qなどの高品質ヒアルロン酸が極端に低価格である場合、偽物や従来品が用いられている可能性もあります。

また、シリコンの挿入などの難易度が高めの治療を希望する場合、医師の経験値が重要です。安すぎる病院ですと、経験の少ない医師が担当する可能性が高まります。これらの事情から、安すぎる病院を選ぶことはできるだけ回避すべきです。